交通事故に遭ってしまったら

1.警察に事故の届け出

事故の届け出は必ず出しましょう。
物損事故・人身事故に関わらず必ず届け出を出しましょう。
事故の届け出をされないと『交通事故証明書』がもらえず、後に後遺症が出ても治療費が出ず、治療に専念できない事があります。
軽い事故でも大丈夫だと過信せず、必ず届け出を出してください。

2.事故相手の確認

お互いに後からトラブルにならないように、相手の免許証・保険証の確認を必ず行いましょう。
気が動転していると、会話やメモが適切に行えない場合があります。
携帯電話で、写真を撮っておくことをお勧めします。

3.事故現場の記録・目撃者の確保

「事故に遭った上に相手とトラブル…。」
そんなことは避けたいのですが、事故は一瞬にして起こる為、思い違いや記憶が曖昧なことが多くあります。
現場の写真や破損した車の写真、目撃者を一人でも多く確保することをお勧めします。

4.事故直後は、必ず病院を受診

すぐに痛みが出る場合は病院で精密検査や診断書をもらうことが大事です。
その後は『かずまさ整骨院』に転医することは可能ですが、一度は病院に受診していただいてもらわなければ、保険の手続きができませんので、事故後は必ず病院へ行って検査を受けておいてください。
後に痛みが出た時の為にも、必ず受診してください。

5.保険会社に通院の連絡

保険会社に『かずまさ整骨院』で治療する旨を連絡し、承諾を得てください。
(もし不明な点がございましたらご相談ください。)

6.問診・診察・治療

病院での診断内容、事故当時の状況やその後のお体の変化などを、詳しくご確認し症状に合わせた治療を行います。
その後、症状がなくなるまで治療を行います。

7.治療終了

症状がなくなり、後遺症が無いかを確認できたら治療を終了します。
その後、保険会社に治療が終了したことを連絡し、保険会社から明細の入った示談内容書が届きます。
よく目を通し納得してからサインしてください。

交通事故に遭われたら
『かずまさ整骨院』
にご相談ください。



LINE@